日本四肢再建・創外固定学会|トップページ>学会概要|代表幹事ご挨拶

代表幹事ご挨拶

代表幹事 竹中 信之

代表幹事 竹中 信之

このたび日本四肢再建・創外固定学会代表幹事に就任いたしました竹中信之です。

長い歴史をもつ学会の代表幹事を務めさせていただくことは、何よりも創外固定を愛し、四肢再建に関わってきた私にとって大変光栄なことです。

このたび学会名称も新たに『日本四肢再建・創外固定学会』となりました。これまでの創外固定と骨延長のみならず四肢再建全体を扱う学会として、皆様と共に変革していけることは大変幸せなことだと考えております。本学会のため全力を尽くす覚悟でおりますが、一人だけでは実現できないことが沢山ございます。しかし同じ志をもつ皆様のご支援とご協力があれば実現が可能となります。具体的に5年間に3つの目標を掲げて学会運営を行っていきたいと思います。

  1. 学会会員数を増加
  2. 学会公認、主導の手技書の作成
  3. 創外固定器保険収載に向けての活動

どれも手探りの状態ですが、実現する為の各委員会を立ち上げていきますのでご協力ください。

最後になりましたが諸先輩方の今までの学会への御貢献に対して深く尊敬と感謝をいたします。学会のますますの発展をお約束して就任のご挨拶とさせていただきます。

『日本四肢再建・創外固定学会』 代表幹事 竹中 信之

事務局所在地

〒010-8543
秋田県秋田市本道1丁目1-1
秋田大学大学院医学研究科
医学専攻機能展開
医学系整形外科学講座内
TEL 018-884-6148
FAX 018-836-2617

代表者・事務局責任者

代表幹事 竹中 信之
福島県立医科大学外傷学講座教授